『リーダブルコード』(ダスティン・ボズウェル/トレバー・フォシェ)を読んだ

読書

書名にもあるように、より良いコードを書くためのテクニックが書いてある。自分はデザイナーだけれど、この本の評価が高く、人が薦める理由が分かった気がする。とても良かった。プログラミングに関しては初心者みたいなものなので、最初から最後まで学ぶところが多かった。特別難しいところはなかった。

この本では基本的なコードの書き方が学べた。知っていることもあれば知らないこともあったが、特に次の内容が印象に残っている。

  • 名前の付け方(情報を詰め込む、誤解されない名前)
  • コメントの仕方(必要なコメント、不要なコメント、
  • 制御フローを読みやすくする
  • 無関係の下位問題を抽出する

基本的なことが大事。本書を読み終わって、続きではないけれど、リファクタリングの手法について深めてみたいと思った。

この記事を書いた人

村田 智 @murata_s
アートディレクター/デザイナー
詳しくみる→
カテゴリー
読書
タグ
  • プログラミング
公開日
更新日
文字数
331文字
© 2004-2021 Satoshi Murata.