完璧に機能することよりも、完璧だと信頼され続けることの方が重要

Web制作に向きあうときの基本的な考えかたとして「変わっていくもの」というキーワードがあります。ウェブはいつでもなんどでも変更できるメディアなので、ある特定の状況下においてのベストなデザインやベストな仕様は存在しますが、これ以上触らなくても良いという完璧な状態はなかなか存在しません。いつか必ずまた手を加えたくなるものです。そうして少しずつ手を加えて、Webサイトを育てていきます。
デザイン
  • #デザインの考え方
に公開

Big Surにしたら外部ディスプレイのTrue Toneがスリープ解除時にほぼ毎回オフになるようになったのでAppleScriptで対応した

タイトルの通りですが、macOSを11 Big Surにアップデートしてから、Macのスリープを解除するごとに外部ディスプレイのTrue Toneがほぼ毎回、実質オフになってしまう(機能的にはオンになっている)症状に悩まされています。
サービス・アプリ
  • #Big Sur
  • #macOS
  • #ディスプレイ
  • #AppleScript
に公開

デザインは遅効薬なのでプライドを持って取り組めば良い

Webサービスのデザインの改善施策には成果が出やすいもの・出にくいもの、様々あります。もちろん即効薬もあるでしょう。しかしその多くは遅効薬だと考えています。小さな改善を積み重ねていった時に、気付いたら大きな成果になっていた。そんなこともよくあります。短期的な結果に一喜一憂せずにコツコツやるのが一番です。
デザイン
  • #デザインの考え方
に公開

gitのremote urlを変更する方法(BitbucketからGitHubへの引っ越しを例に)

GiHubの無料プランでプライベートリポジトリが作成可能になってから、それまでBitbucketに置いてあったリポジトリを、機会があるごとにちまちまとGitHubに引っ越しています。この記事では具体的な引っ越し手順をメモがてら書いてみます。Changing a remote's URLリモート URL をリポジトリに変更する
コーディング
  • #git
  • #GitHub
  • #Bitbucket
に公開

初めてShopifyテーマ開発をするときに読みたい情報まとめ

ネットショップをつくれるサービスShopifyのテーマ開発を開始するのに必要な情報をまとめてみました。公式ドキュメントが充実していますが、散らばっている印象があるので、このようなまとめが役に立つのではないかと思っています。前提として知ってほしいことは、テンプレート言語はliquid、開発ツールはthemekitを使うということです。
サービス・アプリ
  • #Shopify
  • #まとめ
  • #liquid
に公開

WordPressのユーザー権限をカスタマイズするときに必要な権限の知識

WordPressは、どのユーザーアカウントにどの権限を与えるかを権限グループという概念で定めています。開発者はこの権限を細かにカスタマイズできます。この記事では権限のカスタマイズで必要な最低限の知識をまとめてお送りします。基礎知識については「ユーザーの種類と権限 / Roles and Capabilities」を参照してください。
コーディング
  • #ユーザー権限
  • #WordPress
に公開

RSSリーダーのアイテムに記事サムネイルを表示する方法

僕が見たのはFeedlyとInoreaderだけで他のRSSリーダーのことはわかりませんが、enclosure にサムネイルとして表示したい画像を指定してあげたら表示されました。過去のアイテムには反映されないようなので、指定後のRSSリーダーによるフェッチから反映、と考えておくと良さそうです。
コーディング
  • #RSS
  • #JavaScript
に公開

2020年 Markdownエディタ検討 | 僕がiA Writerに決めた理由と検討の様子

これまでの僕のブログ執筆は、ブログ投稿画面のテキストエリアか、個人用Scrapboxのどちらかで行っていました。それらで特別困ってはいなかったのですが、世の中には文章を書くことに特化したアプリもあるし、使ってみてもいいのでは? と思って、数あるエディタアプリの中から1つ選ばせてもらいました。それが今この記事を書くのにも使っているiA Writerです。選択の経緯を振り返りながら、僕がiA Writerのここがいいなと思った点を書いてみます。
サービス・アプリ
  • #Mac
  • #アプリ
  • #Markdown
  • #エディタ
に公開

レスポンシブデザインで文章の改行位置をある程度狙ってデザインするための方法

レスポンシブデザインを採用したWebサイトでは、文章の改行位置をあらゆる画面幅で完璧にコントロールするのは至難の技です。とはいっても見出しやキャッチコピーなど印象的に見せたい箇所の文章は、その意味にあわせてなるべく綺麗に改行してあげたいもの。ある程度狙った位置での改行を実現する方法です。
コーディング
  • #CSS
  • #HTML
に公開

デザイン作業用レイヤーで効率化。デザイナーのための ErgoDox EZ キーマップ

身体を縮こめて手首が窮屈な状態で一日に何時間もタイピングしていることに違和感を感じてErgoDox EZを買ったのが2019年の8月のこと。縮こまらずにタイプできることに加えて期待していたことがもうひとつありました。それはキーマップをファームウェアで変えられるという点です。なんどもキーマップのチューニングをしてきましたが、購入から10ヶ月が経ち、だいぶそれも落ち着いてきたように思います。
開発環境
  • #ErgodoxEZ
  • #キーボード
  • #Adobe
に公開

どのような内容の画像が入るかわからない場合でもきれいな見た目の枠線をつけたい

画像の内容によって枠線をつけたほうがきれいに見える場合と見えない場合があります。画像一枚一枚にたいしてつけるかつけないかを決められるなら困らないのですが、UGCサイトやブログテーマのようにどんな画像が表示されるのかわからないケースでは、そのような丁寧な判断をしたくてもできないのが現実でしょう。そんなときに重宝する枠線がPretty Borderです。
コーディング
  • #CSS
  • #画像
に公開

ユーザーインタビューをより良く行なうための知見

これまで、担当しているプロダクトのユーザーを知るために「ユーザーインタビュー」をチームで何度も実施してきました。ユーザーに実際に会って、プロダクトをどう使っているのか、何を考えているのかを直接聞ける機会は貴重で、画面越しでは得られない情報が得られるので気に入っています。いくつか実施に際しての知見を書いてみたいと思います。
デザイン
  • #インタビュー
  • #定性調査
に公開

UIデザインのガイドラインとの付き合い方

UIデザインの仕事をしていると、iOSやAndroidといったプラットフォームが公開しているデザインのガイドラインとどのくらい折り合いをつけていくかということがしばしば議論の的になります。私がアプリをデザインする場合は、ウェブのデザインをするときよりもそれを多く尊重しますが、ウェブの場合は独自のガイドラインを重視しています。
デザイン
  • #UI
  • #ガイドライン
に公開

じゃじゃーんをやめる。デザイン案はできるだけ早い段階でオープンにするのがおすすめ

日頃デザイン案をどの段階で他者に見せていますか。わたしは最近、途中でもできるだけ早い段階でチームメンバーにデザイン案をオープンにしていくということを試してみています。具体的には、Adobe XDでウェブデザインのモックアップを作成しているのですが、プレビューのシェアURLをグループウェアやGitHubのIssueに貼っておくというものです。翌日には新しいボタンが増えているかもしれないし、一週間後にはガラッと印象が変わってるかもしれない、という断りも添えて。
デザイン
  • #チーム
  • #コミュニケーション
に公開