MURATAS.JP
DESIGN ARCHIVE

INFO

ProductZineに『プロダクトのデザインを長く健康に保つには?――デザインの優先順位・チームでのコミュニケーションのコツ』を寄稿しました

翔泳社さんのプロダクト開発にフォーカスしたメディアProductZineに寄稿させていただきました。株式会社はてなのリレー連載『はてなのプロダクト開発の舞台裏』の第4回、デザイナー編です。

プロダクトのデザインを長く健康に保つには?――デザインの優先順位・チームでのコミュニケーションのコツ

この記事では、現実的に何をつくるかをスムーズに合意するために、デザインモックアップを中心としたデザイナーの振る舞いや開発のステップについて、おすすめの手法をご紹介しています。小説投稿サイト「カクヨム」や「魔法のiらんど」の開発現場の事例を交えた内容になっています。

また、プロダクトのデザインをながく健康に保つために実践している活動の中から「身の丈にあったガイドライン」「体験のリファクタリング」の2つもご紹介します。

2020年7月10日に同じくProductZineさんで書かせていただいた記事の後編という位置付けになります。まだ前編をお読みになっていない方は、まずはこちらをお読みください。

見た目のデザインから意味のデザインへ――はてなのデザイナーがプロダクトの価値を高めるためにやっていること

こうしてプロダクト開発の日々をご紹介できることを嬉しく思います。ぜひ読んで感想をいただけたら幸いです。

プロダクトのデザインを長く健康に保つには?――デザインの優先順位・チームでのコミュニケーションのコツ